お家で最高のスパイスカレーが食べたい!帰宅後30分でお店の味を作る方法、教えます。

  • 2020年8月27日
  • 2020年9月20日
  • 家事
  • 458view
  • 0件

突然ですが、質問です。

人生最高のカレーライス」と言ったら、あなたが想像するのはどんなカレーですか?

 

私は、研究に研究を重ねて完成させた自分のカレーこそ至高のレシピ、と思っていたのですが、とあるレシピに出会ってから、その考えを改めざるを得なくなりました

 

それが、月間5万PVのカレー専門ブログを運営される、マサラさんのラムカレーのレシピです。

ラムの香りとスパイスが複雑に絡み合うそのカレーを始めて食べたとき、「カレーって、こんなに美味しかったんだ…!」と衝撃を受けました。

 

でも、思ったんです…。

「このレシピ、もっと作りやすく、ワーママ向けにアレンジできないかな…?」と。

そこで今回は、カレーのプロ、マサラさんの全面協力のもと、ワーママでも作れる最高に美味しいカレーレシピを徹底的に研究してきました。

 

さらに、編集部メンバーのカレーレシピへの一言アドバイスも。

ぜひ、この記事を読んで、あなたの家のカレーをアップグレードしてもらえたら嬉しいです。

 

カレー研究家・マサラさん

最初に、今回の企画に協力してくれた、マサラさんをご紹介しますね。

 

ーマサラさんー

カレー研究家・ブロガー。

月間ビュー数5万のカレー専門ブログ、MASALA ~BE LIKE CURRY~を運営。

留学生専用の寮に管理人として住んだことがきっかけでスパイスカレーと出会い、20ヶ国以上、総勢250名を越える留学生達とカレーを通じて、友情を深める。

現在は、多国籍スパイス料理にレパートリーを拡大中。

 

ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
マサラさんは、いつからスパイスカレーの研究をされているのですか?
マサラさん
2014年からです。もう6年ほど、年に200食カレーを食べる生活を続けています。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
すごい…!そして、奥さまともカレーをきっかけに出会われたとか…
マサラさん
そうなんです。僕が管理人をしていた寮で出会った女性と、カレーがきっかけで仲良くなり、遠距離恋愛の末に結婚しました。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
まさに、カレーによって人生が変わったんですね!
マサラさんのブログでは、初心者向けのスパイスカレーの記事がたくさんあるので、是非一度覗いてみてください^^
私のおすすめは、ラムカレーバターチキンカレーのレシピです。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
ラムカレーは、完全に専門店の味。バターチキンカレーは、無印のあの味にそっくりです!私も、夏にはラムカレーを毎週のように作っています。

家で作るスパイスカレー

 

まずは、ちょっとハードルの高い「スパイスカレーの作り方」について、聞いてみました!

 

ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
マサラさん、家庭でも美味しいスパイスカレーを作ること、できますか?
マサラさん
もちろんです!コツさえ押させれば、簡単に作れるようになりますよ。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ

…ものすごいワガママを言ってもいいですか?

私はルーしか使ったことがないので…初心者でも作りやすいレシピだと嬉しいです。
しかもコクがあって、カロリーも高すぎず、時短で作れる…そんなカレーって、作れますか?

マサラさん
任せてください!では、こちらのレシピはどうでしょうか?僕が普段作ってるカレーを、ワーママさん用に超時短かつ低カロリーにアレンジしたものです。
ということで、私のワガママに応えて開発していただいたレシピがこちら!

【帰宅後30分で作れる 本格スパイスカレー】

材料
コリアンダー 大1
クミン    小1と1/2
ターメリック 小1/2
チリペッパー 小1/2

玉ねぎ    1個(薄切りにする)
トマト    1/2個 (またはトマト缶200g)
ニンニク   1かけ
生姜     1cm
鶏肉     400g (一口大に切る)
ヨーグルト  200g
しめじ    1パック
水      200ml

※好きな野菜があれば追加OK。

 

【作り方】

①スライスした玉ねぎを炒め、飴色玉ねぎを作る。

マサラさん
飴色玉ねぎを作るときは、強火で一気に作るのがコツです。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
え…!?レシピ本では弱火でじっくりが定番ですが…?
マサラさん
絶えず混ぜれば大丈夫です。塩をかけて、浸透圧を利用することで、あっという間に飴色玉ねぎを作ることができますよ。もちろん、味もじっくり作ったものと変わりません。
私も、こちらの記事を参考にドキドキしながら強火で飴色玉ねぎを作ってみたのですが、本当に10分でできてしまうのでびっくりしました。
今まで20分以上かけてたのは何だったのか、とがっくりしたくらいです(笑)。
②フライパンでニンニク、ショウガを炒め、香りが出たら肉を加えていためていく。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
ニンニク、ショウガはチューブでもOKですか?
マサラさん
もちろんです!二つともみじん切りにしたら手やまな板に匂いがついて、洗うのもひと手間ですからね。チューブを使っても、美味しく作れますよ^^
③肉を焼き色がつくまで炒め、トマトを200g(普通のカットトマト缶で半分くらい)追加する。
➃塩を少し加え、トマトの水分が完全に飛ぶまで炒める。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
ここまでずーっと強火ですよね?
マサラさん
そうです。焦げないように常に上下を返しつつ、ガンガン強火で炒めちゃってください。
⑤ 火を弱火にして具の上にスパイスをそれぞれ同量追加する。
マサラさん
パウダースパイスは焦げやすいので、必ず具の上に置くようにしてください。
かきまぜたヨーグルトを追加し、強火にし、沸騰させる。
※ヨーグルトをかきまぜるのは、ダマになるのを防ぐためです。
塩と水を少しずつ入れて、味や温度の確認をしたら、完成!
※水の量を調整しながら、好みの濃度にしてください。
マサラさん
水の代わりに牛乳を入れるとマイルドに、生クリームを入れるとクリーミーになります。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ

牛乳<ヨーグルト<生クリームの順に、味が濃厚になるイメージですね!

塩はどのように調整していくと良いですか?

マサラさん
塩は、玉ねぎやトマトのときにある程度入れているので、入れなくても美味しくなっていることが多いです。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
スパイスは、どんな基準で足せばいいのでしょうか。
マサラさん
まず、味がぼやけている場合は塩を足すのが一番です。
そのうえで、あと1つ足りないというときは、
クミン⇒肉の匂いを消したいとき
コリアンダー⇒風味を足したいとき
ターメリック⇒色合いを足したいとき
チリペッパー⇒辛みをたしたいとき、という基準でプラスしていくと良いですよ。塩は足りてるけど、何か足りないような…というときは、まずはコリアンダーからいれると、味がうまく整います。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
なるほど…スパイスカレーといいつつも、味の調整で大事なのは塩なんですね。
マサラさん
そうですね。スパイスはあくまでも味噌汁でいうと、出汁です。 出汁を増やしても、味噌(塩分)が足りなければ、美味しい味噌汁は作れませんからね。
こうして出来上がったカレーがこちら…!
一言で言うと、完全にお店の味です。
これが家で作れるなんて幸せ過ぎます…。

「我が家のカレー」をもっと美味しくするには?

 

次に私は、こんなことをマサラさんに聞いてみました。

 

ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
カレーって、各家庭の味があると思うんですが、皆マンネリ化してたり、もっと美味しくできないかな…?と思っていたり…実は「我が家のカレー」に満足してない人が多いかな、と思うんです。
マサラさん
なるほど…!それなら、レシピや悩みを教えてもらえたら、ワンポイントアドバイスをすることができますよ。
ということで、ここからは編集部メンバーのカレーレシピを紹介しつつ、皆の悩みに答えてもらいましょう!
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
編集部メンバーのカレーの作り方も、見事にバラバラなので是非その違いも注目してみてください^^

コクのあるカレーを作りたい!

ニコ
編集長ニコ
私がよく作るのは、豚バラを使ったこんなカレーです。

編集長ニコの家庭のカレー

【材料】
豚ばら肉、じゃがいも、玉ねぎ、トマトジュース、ルー

【作り方】

  1. フライパンに油をしき、肉⇒野菜の順にさっと炒める。
  2. 水を追加し、アクを取りながら野菜が柔らかくなるまで煮込む。
  3. ルーを入れる少し前にトマトジュースを入れる。
  4. ルーを入れたあと、家にあるいろんな調味料を小さじ1程度ずつ入れる(バター、醤油、ソース、あれば甜麺醤など。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
甜面醤は斬新…!
ニコ
編集長ニコ
甘くなって美味しいよ。でも、もっとコクを増したいなーと思っていて。マサラさん、何かおすすめの材料はありますか?
マサラさん
コクを出すなら、最適なのはバターです。もっと本格的にしたいなら、ギーというバターオイルを使うのもお勧めです。
バターが家にないときは、豆乳を加えてもいいですね。
ニコ
編集長ニコ
ギーって初めて聞いたのですが、美味しそうですね。割と本格的な味が好きなので、試してみたいです!おすすめのギーがあれば、教えてください。
マサラさん
味や栄養価は、牛の飼育環境に大きく左右されるので、広々とした牧場で飼育された「グラスフェッド」表記があるものを選ぶといいですね。
私の一押しはこちら。低価格だけどしっかり濃厚です。

ギーイージー グラスフェッド・ギー(200g)【GHEE EASY(ギー・イージー)】

created by Rinker

マンネリ化したカレーに変化を加えるには?

ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
私は、圧力鍋でカレーを作ります。
野菜も完全に溶かしてしまうのが我が家流。
編集部まりこの家庭のカレー
【材料】
カレー用牛肉、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、カレールー
【作り方】
  1. お肉は一口大にきって塩コショウをし、小麦粉をまぶす。
  2. 野菜は一口大に切る。
  3. 先にお肉を炒めて、そこに野菜を投入、水を足してアクをとる。
  4. 材料を圧力鍋にうつし、20分加圧。
  5. お鍋からお肉だけ出して、野菜は溶かしきる。
  6. ルーをいれて、調味料で味付け。よく使う隠し味はいしるだし。

 

マサラさん
僕も圧力鍋を使ったカレーは大好物です!
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
ただ、最近マンネリ化していて…。何か変化を加えるにはどうしたらいいですか?
マサラさん
それなら、リンゴ酢をいれるといいですよ!甘みと酸味がまして、バーモントカレーのような味わいになります。これは、僕が独自に色々なルーの原材料を研究して見つけました!
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
リンゴ酢…!ぜひ試してみたいです!個人的には、ポテトサラダ以外の使い道が見つかって嬉しい…(笑)。

カレーの時短テクって…?

チカ
編集部チカ
我が家は逆に、野菜の溶けたカレーが皆苦手。しっかり形を残すカレーをよく作ります。

 編集部チカの家庭のカレー

【材料】
鶏もも肉or豚肉、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、カレールー

【作り方】

  1. 材料を全てカットする。(お肉は一口サイズ、にんじんは乱切り、玉ねぎはくし切り、じゃがいもは溶けるように小さめにカットするのと、形が残るように大きめカットしたもの両方用意)
  2. 最初にお肉を炒めて軽く塩を振り、そのあと玉ねぎ&にんじん投入。
  3. 全体に火が通ったらジャガイモも入れて、弱火にして蓋をする。時々鍋を振って鍋底が焦げないようにしながら5~10分程度待つ。
  4. 水を入れて20分程度煮込む。
  5. 一旦火を止めてルーを入れ、弱火でとろっとするまで煮込む。隠し味としてしょうゆ・ソース、たまに白だしを大さじ1ずつ入れる。
チカ
編集部チカ
けっこう時間がかかっちゃうのが難点なんですが、圧力鍋を使わずに、時間をもっと短縮する方法ってありますか?
マサラさん
にんじん・じゃがいもはどうしても煮込むのに時間がかかってしまうので、野菜をキノコにするのがオススメです。時短できるだけじゃなく、旨味もアップしますよ!
しめじと鶏肉だけでも、美味しくてボリューム満点のカレーができるので試してみてください。
チカ
編集部チカ
野菜を変える発想はなかった…!アレンジレシピにもなって一石二鳥ですね。早速作ってみます^^
マサラさん
キノコ類は冷凍すると旨味がアップするので、安い時にまとめ買いし、冷凍しておくと良いですよ。

王道レシピ…変化を加えるには?

つむぎ
編集部つむぎ
私の作り方は、割と王道で…これに変化を加える方法ってあるんでしょうか?

編集部つむぎの家庭のカレー

【材料】
鶏もも肉、玉ねぎ、人参、にんにく、しょうが、ルー

【作り方】

  1. 玉ねぎ・にんにく・しょうがをみじん切り、人参と鶏モモ肉は食べやすい大きさにカット。
  2. フライパンで玉ねぎを飴色に近くなるまで炒める。
  3. 鍋でにんにく・しょうがと鶏肉を炒める。
  4. 3に1と人参を投入、炒め合わせる。
  5. 4に水を入れて20分くらい煮込む。
  6. 火を止めて、ルーを入れて、再び弱火で10分くらい。
マサラさん
このレシピは、スパイスカレーの構成にそっくりですね。試しにカレー粉をスパイスに変えてみても、美味しく作れるはずですよ。
つむぎ
編集部つむぎ
子供も一緒に食べられますか?普段は、子供用のレトルトを使っているのですが…?
マサラさん
スパイスの量を調整すれば、お子さんでも美味しく食べられますよ。それでもちょっと抵抗がある場合、エスビーの赤缶を使うのがオススメです。カロリーも減るし、小麦粉を使わないので焦げる心配がなくなりますよ。
つむぎ
編集部つむぎ
それだとハードルが低くていいですね。いつも子供はすみっこぐらしカレーなので(笑)、赤缶から試してみます!
マサラさん
赤缶を入れすぎて辛くなった場合は、バターやりんご酢をいれてみてくださいね。

ひき肉を使った美味しいカレーの作り方は?

きみ
編集部きみ
我が家は、ドライカレー以外もひき肉で作るのが定番になってます。

 編集部きみの家庭のカレー

【材料】
合いびき肉、玉ねぎ、ジャガイモ、カレールー、ニンニクor砂糖

【作り方】

  1. 野菜を一口大にカット
  2. 深型フライパンで合挽肉→玉ねぎ→じゃがいもの順に炒める
  3. 合挽肉と玉ねぎに火が通ったらルーの指定水量8割を投入し、中火で20分煮込む(蓋なし)
  4. 火を止め、カレールーを投入し、解けるまで木べらで優しく混ぜる
  5. カレールーが全体に馴染んだら弱火で10分くらい煮込む
  6. すりおろしニンニクor砂糖を投入し、加水してさらに10分煮込む

 

 

マサラさん
ひき肉のカレー、いいですね!時短しやすいし、水分量を減らせばお弁当にすることもできます。
きみ
編集部きみ
もっと美味しくするためのコツって、ありますか?
マサラさん
プレーンヨーグルトを、一人分に対して大さじ2ほど足してあげると、マイルドかつ深みのある味になりますよ。お子さんが辛いのが苦手であれば、もう少し足してもいいですね。
きみ
編集部きみ
ヨーグルトは意外…!鶏肉に使うイメージだったんですが、ひき肉とも相性がいいんですね。試してみます!

味にばらつきがあるカレー…原因は?

もも
編集部もも
うちは無水鍋を使ってカレーを作ります。

編集部ももの家庭のカレー

【材料】
ひき肉(とり)、玉ねぎ、人参、じゃがいも、トマト、カレールー

【作り方】

  1. 野菜を一口大に切る。
  2. 全て鍋にいれる(ルーも)。
  3. 水を200ccくらいいれる。
  4. 蓋をして煮込む。沸騰したら弱火にして15分~20分煮込み、出来上がり。
マサラさん
旨味たっぷりの、美味しいカレーになりそうですね。
もも
編集部もも
自慢のレシピです(笑)!でも、たまに味がちょっと決まらないときがあって…作る日によって味がばらつくんです。何でなのかな…?
マサラさん
おそらくトマトのせいですね。生トマトは季節によって味にばらつきがあるので、あまりオススメしません。代わりに、ホールトマト缶を使うと、煮込めば煮込むほど美味しくなりますよ。
もも
編集部もも
犯人はトマトだったんですね…!確かに、味は季節によってかなり変わるし、値段もばらつきますね(笑)。常温保存できて、値段も一定のホールトマト缶に切り替えます^^
今回、見事に作り方のバラバラな5つのカレーすべてに適切なアドバイスを下さったマサラさん。
そのテクニックは、こちらの記事でもたくさん学ぶことができるので、是非併せてお読みください!
MASALA ~BE LIKE CURRY~

なぜか自分の家のカレーの味が、その辺のお店で食べるカレーよりも美味しかったりする。そんな不思議な食べ物、カレーライス。ど…

家庭でも美味しいスパイスカレーを♪

 

ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
改めて思ったのですが…カレーの世界って本当に奥が深いですね。
マサラさん
これだけ懐の深い食べ物も他にないですよね。人の数だけカレーの味があって、そのどれも美味しい。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
なんだか世の中を凝縮したような(笑)
マサラさん
まさにです!多様性は世界のスパイス。そんなカレーの世界が好きで、「カレーのようであれ」というメッセージのもと、ブログを発信しています。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
マサラさんのブログを見て、改めてカレーの魅力を知った読者さんに、一番伝えたいことは?
マサラさん
是非一度、スパイスカレーを作ってみてください
僕が初めてスパイスカレーを食べたとき、トラックに吹き飛ばされたかのような衝撃を受けました。
家庭ではハードルが高いと思われがちですが、慣れれば市販のルーを使うよりも時短かつ美味しく作ることができますよ。
ワーママスタイル副編集長 まりこ
編集部まりこ
私もスパイスカレーと出会い、その美味しさに衝撃を受けた一人です。ぜひこれをきっかけに、挑戦してほしいですね!
マサラさんのブログやTwitterでは、「こんなカレーが食べてみたい!」や、「カレーを作るときに、こんなことで悩んでいます」など、皆さんからのリクエスト・相談も受付中。
今までのカレーをブラシュアップして、1レベル上のカレーを食べてみたい!という方はぜひ、マサラさんの発信に注目してみてくださいね。
ブログ~BE LIKE CURRY~はこちら
MASALA ~BE LIKE CURRY~

マサラ ミックススパイスの意味 面白いこと、役に立つことを細かく砕いて、お届けします!…