フリーランスwebデザイナーのリアルな在宅ワークの仕事現場

フリーランスwebデザイナーのリアルなテレワーク仕事現場

【テレワーク特集】テレワークを実践中ママのリアルな仕事現場 vol.2

このページでは、フリーランスwebデザイナーとしてテレワークをしているニコの仕事現場をレポートしています!

名前:ニコ
職業:webデザイナー/コンサルタント/イベント企画・運営/ワーママスタイル編集長
家族構成:夫、小学2年生の息子、保育園に通う2歳の娘の4人家族

ある一日のスケジュール

7:00起床・自分の身支度
7:15子どもを起こし朝食、身支度
8:00長男登校、長女を保育園へ送る
8::40帰宅-簡単な掃除、洗濯-自分の朝食
9:30〜
15:00
仕事開始途中に疲れたら都度休憩、昼食を食べる
暇な日にはスーパーへ買い出しに行くことも
15:00長男帰宅
長男とおやつを食べる
その後仕事再開
17:30長女のお迎え
18:10帰宅、夕飯の支度-夕飯
19:00〜
22:00
子供たちとお風呂、テレビまたは子供たちの横で仕事-子供たちを寝かせる
〜24:00一人時間 テレビまたは仕事
25:00就寝

仕事のスタイル紹介

私は8年前からフリーランスのwebデザイナーとなり、普段は自宅で作業をしています。

週に1~2度は打ち合わせやクライアントのオフィスに行って作業をすることもありますが、決まったスケジュールはなく、毎日流動的に仕事をしている状態です。

作業はデスクトップ型のパソコン一台

フリーランスwebデザイナーのリアルなテレワーク仕事現場

私の作業内容は、ホームページの企画をしてサイト構成を考えたり、デザイン・コーディングをしたり、たまにライティングもします。

最近はMacのデスクトップ型のパソコンで全てこなしています。

クライアントのオフィスで作業をする場合は、クライアントに用意してもらったパソコンを使用。

ライティングだけならスマホでできますが、やはりパソコンを使った方が効率がいいので、あまりやりません。

子供たちはどうしているかと言うと…

基本的には私はリビングで仕事をしているので、仕事をしている隣で子供たちは勝手に遊んでいるのが日常的です。

長男は小学校2年生で、以前は学童に行って夕方まで帰ってこなかったけど、最近は学童を嫌がるためやめました。そのため14~15時くらいには帰ってきます。

もう2年生なので、帰ってきても一人で遊んでいますが、子供が家にいるとなんか気が散ります

いちいち行動する音がうるさかったり、「お母さん、あれはどこー?」と話しかけてきたり、独り言も大きかったり…笑。

そのため息子が家にいる時間は作業効率は少し落ちてしまいます

下の娘は保育園に行っているため夕方まで帰ってきません。でもまだ未就学児だと、何かと熱を出すので、熱を出してしまった時は、娘を看病しながら仕事をしています。
娘は割と一人遊びができるタイプなので、娘が家にいても仕事のスピードは落ちるものの、作業はできています。

子供の性格によって作業効率は変わる

現在8歳の長男は幼い頃から私にべったりで、一人遊びができないタイプでした。それは今でもそうで、すぐに「お母さんが遊んでくれない」って愚痴ってきます。

それでも今はゲームやビデオを一人で扱えるようになったので、私が仕事をしていても、一人で過ごせるくらいに成長。でも息子が年中くらいまでは、私がパソコンをいじってると邪魔してきて仕事は全くできませんでした。

そんな息子とは対照的に、今2歳の娘は私が仕事をしていても全く邪魔してきません。隣にちょこんと座って、iPadやビデオを見たり、一人でおままごとをして遊んでいます。

子供を見ながら家で仕事をする際は、かなり子供の性格に左右されると思います。

夜中の仕事は当たり前

私はフリーランスとして働いているため、はっきりとした就業時間が決まっていません。

また、仕事をすればするほど収入に直結するため、なるべく多くの仕事をしたいと考えています。

子供たちが学校や保育園に行っている間に仕事をしているだけでは間に合わず、夜、子供たちが家にいる間や、寝かした後に仕事をするのはほぼ毎日と言っても過言ではない状態です。

でも職場で残業するのとは違い、家で残業のように働くのはそんなに苦ではなく、時にはテレビを見ながら仕事をしたり、マイペースにやっています。

フリーランス テレワーカーのメリットは時間が自由なところ!

私が感じているテレワークのメリットは以下になります。

  • 好きな時間に家事ができる
  • 平日に一人時間を作りやすい
  • 自分のやりたい仕事が自由にできる

仕事が詰まっていない時は、平日の好きな時間にスーパーにふらっと行ったり、掃除をしたりできます。

また、美容院やカフェにも好きな時に行って息抜きや一人の時間が確保できるのは、フリーランスでテレワーカーの最大のメリットではないでしょうか

とはいえ、仕事がいっぱいいっぱいで忙しい時期はそんな自由な時間もなくなってしまいますが…

また、今やっている仕事以外にも、自分でやりたい!と思った仕事をすぐに始められるのもいいところ。

私はwebデザインの仕事の空いた時間で、イベントを企画・運営したり、アフィリエイトをしています。

自分をしっかりコントロールしないと大変

テレワークのデメリットは、自分でしっかりと時間や作業内容をコントロールしないといけないところだと思います。

会社にいると、仕事をする雰囲気になっているし、他の社員たちの目があるのでサボるのは難しい。

でも自宅で仕事をしていると、サボっても誰にも注意されないし、サボりを誘惑するものもいっぱいあります!

だから自分自身でしっかりとスケジュール管理をしないと、仕事が溜まってしまうことも…

私の友人でデザイナーの女性も、一度フリーランスになりテレワークを開始したものの、彼女はどうしても自宅で作業ができないタイプでした。「私は会社員の方が向いている」と気がつき、またデザイナーとして就職しました。

自宅で仕事をするのは、想像しているよりも大変なことが多いので、向いていない人もかなりいると思います。

 

テレワークが話題になっている昨今ですが、自分の特性や職業によって相性があるので、流行っているからといって必ずしもテレワークがいいとは限りません。

自分の性格や働き方を見極めた上で、効率よく、自分が心地よく働けるスタイルを見つけることが大事だと思います^^

記事を書いた人:ニコ
ワーママスタイル編集長。
「人生はもっと自由に楽しんでいい」をモットーに自由に活動している。
Twitter    Instagram